憲政記念館・明治に活きた英傑たち特別展

平成26年(2014)11月5日~11月28日まで、国会議事堂に建つ板垣退助先生、伊藤博文先生、大隈重信先生の3銅像にちなみ、この三傑に関する特別展が開催されます。髙岡家(旧乾家)所蔵の板垣退助古写真(幕末期井上俊三撮影、アンブロタイプ)や、小山家所蔵(板垣正明旧蔵)高知市立自由民権記念館寄託のルイヴィトンの鞄も展示されます。


【特別展】
●とき:平成26年11月5日(水)
    ~11月28日(金)
   9:30~17:00
●ところ:衆議院憲政記念館
     東京都千代田区永田町1-1-1
     (入場無料)


憲政記念館・明治に活きた英傑たち特別展 ご案内フライヤー


衆議院 憲政記念館で特別展


板垣退助(青年期)古写真(写真提供:憲政記念館)

憲政記念館では、議会政治に対する一般の認識を深めるため、毎年特別展を開催しております。今回の特別展は、国会議事堂の中央広間に憲政功労者として銅像が置かれている伊藤博文、板垣退助、大隈重信の3名の活躍を軸に、明治維新後の新たな国家体制の下で発展していくことになった立憲政治の成り立ちと経過を、激動する明治時代の諸相を交差させて、関係資料により紹介いたします。(憲政記念館パンフレットより引用)

 

明治維初期(※明治2年)の板垣退助(中央)。髙岡眞理子氏所蔵。この写真は板垣の30代半ば頃の姿を写したもので板垣の次男正士の家に伝えられたものである。板垣は初め乾の姓を名乗っていたが、戊辰戦争で甲府に至る際、(※美濃大垣で、先祖で武勇に優れた)武田家の家臣板垣駿河守信方の名にちなみ板垣と復姓した。(展示解説に文脈補足し引用)


※追記。平成31年(2019)2月11日に出版された明治維新150年・板垣退助百回忌記念書籍『板垣精神』の冒頭に、上記の写真の原版が高画質な状態で、詳細解説とともに掲載されました。記念書籍についてはこちらへ。


前へ・次へ

投稿日:2014/11/05

お問い合わせはこちら