5.板垣退助百回忌顕彰記念図書の発刊

百回忌までに解決したい現状の問題点4

板垣退助伝記類の誤謬を校閲、貴重記録類を収録して書籍化

本来我々は、板垣退助百回忌に板垣退助の事跡を英訳して世界に発信することを考えていました。しかし、板垣退助の関する伝記類などで、未だに正確かつ精密な本は一冊もありません。我々はまず、板垣退助の関する事跡を正確にまとめた日本語版の製作に取り組まなければならないことに気づきました。よって、百年事業としては、板垣退助の関する正確無比な書籍を編纂し後世に託すことを考えております。

 


板垣退助記念書籍(イメージ図)

●板垣退助の関する伝記類などを、百回忌を期にそれらを編纂し発刊。後世に伝える作業を行う。巻末にご協力・ご賛助頂きました方々のご芳名を掲載したいと考えておりますので、何卒ご協力をよろしくお願いします。
●板垣退助関連の絶版図書、および、著作権期間満了図書の再版、また現代語訳して頒布することにより板垣精神の顕彰に努めることを企画しております。


板垣退助の遺著『立国の大本』の再録を中心として、今まで出版されてきた板垣関連書籍の誤謬を校閲し、散逸を防ぐため貴重記録類を収録。板垣の先祖の事跡から、幼少時代、平成30年(2018)9月29日に品川神社で挙行される【板垣退助伯 薨去100年顕彰祭・愛国忌】までを詳細に記録した書籍を出版いたします。この出版記念事業に御賛同頂き、御寄附頂きました方々の御芳名は『板垣退助伯第百回忌記念書籍』に掲載され、未来永劫に御名前を留めて頂けることになります。(※詳細はmail or 電話にて本会事務局までお問い合わせ下さい)

板垣百回忌顕彰事業(詳細).PDF

板垣百回忌募財趣意書.PDF

御協賛要項および特典.PDF


前へ次へ

2018/07/24

お問い合わせはこちら