本年・平成30年(2018)は 板垣退助100回忌

 

平成30年(2018)は、明治維新150年であると共に、板垣退助百回忌をむかえる年となります。かつては100円札の肖像としても親しまれていた板垣退助ですが、今では、殆どその足跡を取り上げられておりません。学校教育で使われる教科書でも「民撰議院設立の建白書」や「国会開設」、「自由民権運動の主導者」としてわずかに取り上げてられているだけに過ぎません。

嘉永6年(1853)癸丑、黒船来航以来、日本は大きな岐路に立たされました。欧米列強の野心にはばまれ、いつ諸外国の植民地にされてしまってもおかしくないという危機に晒され「不平等条約」を結ぶことになってしまいました。

 

国内は旧態依然とした体制にしがみつこうとする人々と、国体を護持し、日本を中央集権なさしめて近代国家にし、欧米列強に立ち向かうべきだという人々との間で議論が紛糾し、予断の許されない危機に瀕しました。

その中で、王朝を倒してしまう「革命」によってではなく「国体」をしっかり護持し、神武肇国の基礎に立ち返り、日本を中央集権なさしめて世界に類を見ない「維新」を成し遂げた幕末・明治の先勲たち。そして、近代日本の国家の枠組みである「議院内閣」を作り上げ、また、現在の政権与党の基礎を築いた人物に対する顕彰が、あまりにも成されていないのが今の現実です。

かたや戊辰戦争当時、佐幕派とされた人々に対しては、今や名誉回復が成され顕彰活動が盛んに行われているのに比して、錦の御旗のもとに忠義を尽くし官軍として戦われた人々に対しては、先の大戦以降、殆ど公けに顕彰されることがなく現在に至っています。

本当に身命を賭けて戦い、明治維新を成し遂げた人々、国事に奔走し、洵を尽くされ、護国の英霊となられた方々の礎の基に、今の日本があるのを、我々は忘れ去ってしまっているのではないでしょうか。

本当にそれでいいのでしょうか?

現実に目を向けると、現在もロシアは日本の北方領土を武装占拠したまま70余年が過ぎようとしています。韓国は島根県隠岐郡竹島を不法に占拠したまま既成事実化を目論んでいます。中国は海外領土拡大の機を虎視眈々伺い、南沙諸島に軍事基地の建設を行っています。さらに北朝鮮は邦人を拉致し、水爆実験・長距離ミサイル開発を行い軍事挑発を盛んに行っています。

それに対し、日本の防衛を担う自衛隊は現在も警察法の延長でしか行動が出来ない法体系に縛られ、さらに国連憲章の敵国条項には「日本」が指定されており、一触即発の状況に陥った時、日本は国際的に圧倒的に不利な状況に立たざるを得ません。これは、現代における日本に対する「不平等条約」であると言っても過言ではありません。

これら国難を向えている今日、世界平和と日本の安寧秩序を維持するためには、幕末動乱時期の混沌とした国際情勢を生き抜き、日本を近代国家なさしめて、「不平等条約」の改正を成し遂げた先人たちの業績に学ぶことが多いのではないでしょうか。

そのため、今からおよそ50年前、明治維新百年を顕彰し板垣退助先生第五十回忌墓前祭を挙行するために結成された「板垣退助先生顕彰会」の意志を引継ぎ、新たに一般社団法人化することで、近代日本興国の元勲の偉業を顕彰しようではないかと呼び掛け、板垣退助ゆかりの大阪・太融寺に建つ「国会既成同盟」の石碑前に有志が集まり、平成29年(2017)1月12日、日本初の政治政党「愛國公黨」が作られた日を期して法人登記されたのが本会です。本会では、板垣精神にスポットを当て、板垣伯の生涯と明治維新の精神を顕彰していこうと考えております。

 

平成29年(2017)1月12日
明治維新150年・板垣退助100回忌顕彰祭実行委員
      一般社団法人 板垣退助先生顕彰会 理事ならびに有志一同

板垣百回忌募財趣意書.PDF

御協賛要項および特典.PDF

お知らせ

お問い合わせはこちら