第99回忌・板垣退助先生大感謝祭式典(岐阜)

第99回忌板垣退助先生大感謝祭(岐阜)へ参列を予定しております。

あわせて岐阜県で板垣退助顕彰を行っている方々との交流を予定しております。


●とき:平成29年7月15日(日)
●ところ:岐阜グランドホテル(集合)
    →岐阜公園板垣像前(献花・記念撮影)
    →自民党岐阜市連民間有志の会(役員総会)
    →直会

●主催:自由民主党岐阜市連民間有志の会
●参加:一般社団法人板垣退助先生顕彰会
第99回忌式典・板垣退助大先生感謝祭(岐阜)ご案内フライヤー.PDF


第99回忌板垣退助大先生感謝祭(於岐阜・板垣像へ献花式)

岐阜公園での「板垣退助大先生感謝祭」は、「自由民主党岐阜市連民間有志の会」の会長である澤田榮作先生が、呼びかけ人となって始められ20年余になります。年によっては神主さまをお招きして、恭しく神式で挙行される時もあり、また、宗教色を無くして献花式のみを行う時など様々です。

 

岐阜の献花式の花を高知へ届けることに

7年ほど前から、岐阜での「板垣退助大先生感謝祭」へ知己を通じてお誘いを頂いておりましたが、毎年7月16日の高知での「板垣退助年忌法要」と日が重なり、参列出来ずにおりました。来年(平成30年)が板垣百回忌にあたるということで、岐阜の方々との交流を模索していたところ、本年は「7月15日」に開催ということで出席が相叶いました。


岐阜・板垣銅像前献花式(当日・本会撮影)

岐阜公園は、板垣退助が「自由民権運動」の主導者として全国を遊説し、この岐阜の金華山の麓・神道中教院前で暴漢に襲撃され、有名な【板垣死すとも自由は死せず】との名言を吐いた場所にあたります。第九十九回忌の前日にあたり、立派な花束を献じ、謹んで感謝と哀悼の洵を捧げました。そのあと、場所を移して「岐阜グランドホテル」で「自由民主党岐阜市連民間有志の会」役員総会へ出席。岐阜市長もご臨席されました。


岐阜市長によるご挨拶(当日・本会撮影)

「自民党岐阜市連民間有志の会(岐阜「板垣会」)」会長である澤田榮作先生は、現在、岐阜東照宮奉賛会の会長も務められ、板垣退助が日光東照宮を戦火から守った故事から度々日光東照宮をご参詣され、岐阜東照宮の再建に尽力されておられます。私も壇上にて「戊辰戦争と板垣退助、日光東照宮との関係」などをお話しさせて頂きました。その後、来年(平成30年)、明治維新150年・板垣退助第百回忌を迎えるにあたり、7月16日とは別の日で、全国の

志のある人々が集まって板垣の顕彰祭を東京品川で挙行できるよう、皆様へご協力を呼びかけて締めくくりました。そして、岐阜・板垣退助像へ献花した花束は、明朝、高知へ向かう私たちの手に託され、高知・板垣山の板垣退助墓地での慰霊祭へ持参することとなりました。そういう訳で、7月16日の高知・板垣山の板垣退助墓地では、日頃、地元で墓地を清掃して下さっておられる「薊野老人会」の方々が供えられた花、本会(大阪「板垣会」)からの献花に加えて、本年は岐阜「板垣会」の方々からの思いのつまった特別な慰霊祭として恭しく挙行されました。

 

今回の出席には、岐阜在住で板垣歴史総合研究所の板垣代表には数多くのご尽力を得ての参加となりました。この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。


※近年は陰謀史観が通俗では出回り、「実は『板垣死すとも自由は死せず』などと言っていない」などと言う説がありましたが、結論としては、当時密偵として現場にいた岡本都與吉の探偵調書にもそのことが記されていたため史実であることが確定(※言い回しには数説ある)しましたが、未だに知ったかぶりして「実は言っていない」説を唱える人がおられます。そういう人々にとっては、真実がどうであったかが重要ではなく、「実はこうだった…」という通説と違う異説に興味を示し、国家に勲功のあった人々を貶めてうさ晴らすことが重要なのでしょう。そういう人に限って、板垣のことを少し掘り下げて尋ねてみても知識の無い方々が殆どです。本会では捏造史観の蔓延に警鐘を鳴らし、徹底対決して参ります。


前へ次へ

投稿日:2017/07/15

お問い合わせはこちら