お知らせ

京都霊山護國神社 春季例大祭 昇殿参拝 (令和4年4月28日)...投稿日:2022/04/28

玉音を拜し、武装解除した先の大戦から77年。 来る5月5日は、髙知縣護國神社の創建150年の例大祭。髙知縣護國神社の創建祭は、コロナ禍で3年余り大祭の挙行が遅れてしまった。 その間、コロナ蔓延、ロシアのウクライナ侵攻など、世界情勢は混沌として、日本も安穏とした日々を送れない危機下にあるが、日本は「憲法」が足枷となって、安全保障を脅かしている。 …

詳細

草刈理事のドキュメンタリー番組が受賞(令和4年4月7日)...投稿日:2022/04/07

一般社団法人板垣退助先生顕彰会の草刈健太郎理事が、令妹をアメリカで殺されながら、葛藤を越え、今は犯罪者の更生に取り組んでいる姿を放送したドキュメント番組が、国際メディアコンクール、ニューヨーク・フェスティバル2022のドキュメンタリー・社会問題部門に入選しました。 犯罪者の再犯防止活動に密着したフジテレビのドキュメンタリー番組【ザ・ノンフィクション】 番組が…

詳細

板垣特集『血染めのシャツ』(令和4年4月6日号)...投稿日:2022/04/06

令和4年は板垣退助の岐阜遭難【140周年】にあたる年です。 『岐阜新聞』は『自由と刃』と題して板垣特集を毎月第1日曜版に連載されています。そして、本日、令和4年4月6日に140周年を迎えました。 本日は『板垣死すとも自由は死せず』の言葉が発せられた日。『岐阜新聞』では、事件の証拠品である「血染めのシャツ」をお持ちの村雨さんへの取材記事が掲載されました。(…

詳細

板垣特集【板垣死すとも自由は死せず】の真相(令和4年4月3日号)...投稿日:2022/04/03

令和4年は板垣退助の岐阜遭難【140周年】にあたる年です。 『岐阜新聞』は『自由と刃』と題して板垣特集を毎月第1日曜版に連載されることになり、令和4年4月3日号『岐阜新聞』に板垣の記事が載りました。 『板垣死すとも自由は死せず』の言葉。 この言葉が発せられて、今年の4月6日で140周年を迎えます。 かつては誰も知らない人が居ない程の言葉でしたが、…

詳細

お問い合わせはこちら